マジョラム

規則正しい生活で便秘解消

今便秘について悩む人がとても増えてきています。
便秘とは、3日以上排便が無い状態のことを指します。
排便が無い状態が続けば続くほど、体内に便が蓄積された状態が続きます。
そこで便秘解消のためにはどのようなことに取り組めばいいのでしょうか。

大事なことは生活習慣に身につけるということです。
生活習慣の基本は食事、睡眠、生活リズムです。

中でも便秘に関しては食べたものによって影響されるので、とても重要なポイントだといえます。
食事に関しては偏食になってしまっている人が多く、たんぱく質や炭水化物が中心になりがちです。
さらに野菜不足の人が多く、便秘解消に欠かせない食物繊維が不足してしまっています。

食事の改善をする際に意識することは、食物繊維を豊富に摂取することです。
食物繊維には水溶性と不溶性の2種類があり、1:2の割合で摂取することが理想的です。
野菜などに多く含まれているのが不溶性の食物繊維で、海藻類に含まれているのが水溶性の食物繊維です。
どちらか一方だけでなくバランスよく摂取することが重要です。
食物繊維は、腸のぜん動運動を活発にさせる効果があり、潤滑に排便させることができます。

さらに一日3食の食生活を送ることも重要です。
食事の回数が少なくなってしまうと、腸の動きも鈍くなり便の量も減ってしまうため便秘になりやすくなります。
特に朝食とらない人が多く、腸の動きが遅くなってしまいます。
朝が一番便意が起こりやすいため、朝食はしっかりとるようにしましょう。

そして便秘解消には生活習慣と睡眠時間の確保がとっても重要です。
できる限り規則正しい生活習慣を意識しましょう。
特に睡眠時間をしっかり確保することを意識しましょう。

睡眠時間が確保できていないと、どうしてもイライラしてしまい自律神経が乱れてしまいます。
自律神経の乱れは腸のぜん動運動の低下につながります
なので質がいい睡眠と時間をしっかり確保しましょう。
以上の生活習慣に目を向けながら生活するだけでも、便秘解消にとても効果が出るといえます。